レースカーテンの中には、鏡面仕上げが施してあり、プライバシーを守りながら紫外線をカットするものもあります。

レースカーテンを選ぶ時に気をつけた
PAGE LIST

高機能なレースカーテン

レースカーテンを選ぶ時に気をつけた カーテンとは、本来は遮光性や防音、間仕切りなどを目的として用いられるものですが、レースカーテンの場合はそれらの目的だけとは限りません。サッシや窓などに付ける場合は、ドレープカーテンと呼ばれる厚手のカーテンの外側に付けて、ペアで使用することが多いようです。この場合は主に、ドレープカーテンを使用していない昼間、外から室内を見えにくくしてプライバシーを保つ効果が求められています。

最近では、ミラーカーテンと呼ばれるレースカーテンも多く売られています。これは、レースカーテンの裏側を鏡面仕上げに加工してあるカーテンのことで、部屋の中が明るくても、室内を見えづらくしてプライバシーを守ってくれます。それでいて、室内からの眺めを遮ることはありません。通気性や採光性はレースカーテンと同じです。さらに、紫外線をカットしてくれる機能も付いていることが多いですから、若い女性を中心に人気となっています。紫外線は、お肌だけでなく、室内の家具やインテリアなどを傷めてしまうこともありますので、この機能は嬉しいですね。各メーカーでデザインも豊富に揃えていますので、お部屋やリビングのイメージチェンジも兼ねて、取り入れてみるのも良いと思います。

Copyright (C)2017レースカーテンを選ぶ時に気をつけた.All rights reserved.